2019年04月17日

ブラスバル 〜鳴門編・後編〜


お城を堪能した妙見山公園を後にし、第2の目的である渡船乗り場へ向かうべく足を伸ばすと、
閑静な住宅地にこんな看板が。


650x_19789574.jpg


せ・せ・せ・せいしょうなごん!?
なぜに徳島に!?


驚きつつ迷わず看板が指す方向へ進むと、そこには小さな御堂が。
石像から見るに、祀られているのは清少納言で間違いなさそうです。

20190406110953_p.jpg

清少納言の歴史については諸説あるようですが、一説としてその生涯の最期をここ鳴門で終えたという説もあるようです。


いやあ、びっくりしました。
でも、いくつになっても探検は楽しいものですね!


その後は無事に渡船に乗ることができ、すべて目的を達成して探検(RUN)を終えました。


また次回をお楽しみに!!

税理士法人 すばる会計
http://www.subarukaikei.or.jp/



posted by subaru at 12:07| Comment(0) | すばるマラソンクラブ

2019年04月12日

ブラスバル 〜鳴門編・前編〜


こんにちは、すばるマラソンクラブです。

とくしまマラソンからちょうど1ヶ月
まだまだその余韻が冷めやらぬ中ではありますか、
先日マラソン合同練習をしてきました。


舞台は鳴門
今回は走る目的だけではなく、を見にいこうとの話で出発をしました。
そしてスタート地点から10キロ超を走って桜の名所である「妙見山公園」へ。

『坂道トレーニング!』と称し意気揚々山道を登ると、そこには・・・

20190406113929_p.jpg
20190406113846_p.jpg

桜とお城のコントラスト。
まさに絶景かな。


こちらの撫養城(岡崎城)は中に入って登れるとのことで、上に登ってみると・・・

20190406114346_p.jpg

またこちらも絶景かな。


こういった名所や四季折々の風景を見ながら走ることも、マラソンの醍醐味の1つですね!

そして妙見山公園を後にして鳴門の散策を再開すると、そこには思わぬ丸秘スポットが!!

次回に続く・・・
posted by subaru at 09:25| Comment(0) | すばるマラソンクラブ

2019年03月19日

とくしまマラソン珍道中記 − 嵐がやってきた ー


皆様こんにちは、すばるマラソンクラブです。
タイトルが紛らわしくてすみません。

でももう1回言います!
嵐が来たんです!!

念のため解散を控えたアイドル・・ではないほうの嵐と言っておきましょう。


今大会を走ったランナーの皆さんは開催が危ぶまれるほどの暴風雨だった2012年の
とくしまマラソンを思い出した方も多かったのではないでしょうか?
あまりに過酷な状況だったため道中の写真撮影が出来ておりませんので、
今回は文章のみですがご了承ください。


時刻はおそらく11:30頃でしょうか。
9時にスタートをしてから吉野川北岸堤防を順調に進んでるところで、晴れの天気予報を
あざ笑うかのように、なにやら右手の讃岐山脈上空から怪しげな雲が段々と押し寄せてきている
ではありませんか。
そしてその雲が堤防上空を覆い始めたと思った矢先、人も押されるほどの突風が。
さらに徐々に降り出した雨が、段々と目の前の視界を遮るほどとなり、その後まさかの
あられ(ヒョウ)に。痛い!寒い!

北岸の堤防から復路の南岸堤防へ向かう西条大橋に差し掛かると、ずぶ濡れの服
体温を奪われたことによる寒気によって戦意喪失寸前にまで陥っていました。



しかし、なんとか西条大橋を渡りきるとそこには沿道を埋め尽くすほどの人が。
こんな悪条件の中でも、毎年と変わらず大きな声で後押しをしてくれる人が大勢。

そんな中、一人の女性が一瞬の突風にあおられ、ひっくり返った傘ごと飛ばされそうに
なっていました。
私がとっさに「いけますかー?」と声をかけると、女性は
「いける!いける!あんたの方が大変やのに気にせられんで!」
必死な状況の中、逆にこちらを気づかってくれるではありませんか。

なんとあったかい


長くなるので書ききれませんが、道中はその他にも色んな出来事がありました。
自分が走った中でもこれだけのドラマが生まれているということは、このマラソン全体では数えきれない
ほどのドラマが生まれていることでしょう。

また次回大会も楽しみにしています。
ありがとうございました。


税理士法人 すばる会計
http://www.subarukaikei.or.jp/








posted by subaru at 09:33| Comment(0) | すばるマラソンクラブ